老後資金が分かりやすくて便利!!年齢別運用法を知っておこう!!


積み立てた老後資金が分かりやすい

老後資金を定期預金やその他の金融商品で用意するとき、必ずしも老後資金目的のみで行うわけではありません。その他の用途と合わせて用意していて、急なもの入りの時にもそこから引き出します。一応残高は見えますが、そのうちどれくらいが老後に使えるかはわからない状態です。個人型確定拠出年金のいいところは、拠出したお金、残高などが分かるところです。金融機関に口座を設けて拠出、運用するので、金融機関のホームページに行けば今の状態がすぐに分かります。どれくらい用意できているかが分かれば、後いくら足りない、どれくらい運用で増やさないといけないなどの判断もしやすくなります。年金を受ける時にも、現在の残高を確認しながら受け取れます。

老後のための運用のポイントを知る

老後のためのお金を用意できる仕組みとして個人型確定拠出年金があります。国民年金制度に加入をして、保険料をきちんと納めていればほぼ利用できます。20歳の人でも59歳の人でも利用可能です。利用するのであれば、運用のポイントを知っておくと良いでしょう。20歳代の人であれば、拠出額を積極的に運用すると良いかもしれません。実際に給付を受けるまでまだまだ時間があるので、減る不安よりも増やす希望を持ちながら運用してみましょう。50歳代となるともうそろそろ受ける年金を考える年代です。積極運用をすると相場が急変して一気に資産が減る可能性があります。それよりも安定運用や元本割れしない資産に移した方がいいかもしれません。減らさない運用が必要になります。

個人型確定拠出年金は現役世代にとっても、大きな関心事となっています。将来の年金受給額にも影響をもたらします。