保険関係や労務管理を専門に扱う社労士の仕事とは?


どうしたら社労士になれるか

社労士になるためには国家試験に合格しなければならず、決して簡単になれる職種ではありません。その分だけ社会的ステータスは高く、企業からの需要も多いです。受験には4年制大学を卒業しているなど、一定の条件が必要になります。最近では通信教育でも学ぶことができるので、仕事をしながらでも取得できる資格です。

社労士の業務内容について

社労士の業務内容をひとことで表すと、労務管理と保険関係に関する専門家です。国民年金や厚生年金の仕組みは複雑で、法改正の多い分野です。専門的な立場から手続きを代行したり、依頼者の相談に対してアドバイスを行います。その他にも健康保険や雇用保険の内容にも精通しており、複雑化した社会保険に関する業務を専門的に行います。また、労働者の安全と健康を守るために、労働基準法や労働安全衛生法にのっとって事業者に適切なアドバイスを送ることもできます。労働保険や社会保険の内容について、専門的な立場からアドバイスするのが社労士の仕事です。

社労士の働き方について

社労士資格を取得すると独立開業することも可能ですし、企業に就職して勤務社労士となることもできます。どちらを選択しても業務内容に違いはありませんが、独立した場合には企業を顧客にすると安定します。企業では社労士の存在は優遇され、外部委託していた事務作業を内部で行うことができるようになります。給与計算などの業務を任せられるだけでなく、労働者の保険管理など労務管理全体を扱う立場になります。

労働問題の一つとして、障害年金の手続きは社労士に依頼することができます。渋谷の社労士の中には障害年金を専門とする社労士もいます。