ビットコインって何?ビットコインの基礎知識


ビットコインって何?

ビットコインとは、ネット上で取引される仮想の通貨です。普段使っている日本円のように、手に取ることはできませんが、ネット上に存在しています。

ビットコインはネット上にある取引所で購入し、ビットコインが欲しい人に売ることができます。このように、世界中で売買されるビットコインの価値は需要と供給の関係によって日々変動しています。

投資目的に取引するイメージが強いかもしれませんが、現実の支払いに対応している企業なども着実に増えてきており、決済にも使うことができます。仮想通貨には、数多くの種類があります。その中でもビットコインは一番メジャーな仮想通貨として取引されているのです。

ビットコインはブロックチェーンによって守られている

ビットコインは、ブロックチェーンと言われる技術がベースになっています。「P2P(ピアツーピア)方式」または「分散型取引台帳」とも呼ばれています。

端的に言ってしまうと、顧客の台帳をみんな(顧客)で監視し管理するシステムです。ブロックチェーンは、取引データ(ブロック)を紐づけ(チェーン)していると考えてください。

この時、紐づけられた過去の取引データの塊と整合性があるかどうかを判断して、整合性があると判断された場合のみ、次の取引データの塊を紐付けているため、途中で改ざんされたデータにすり替わるような可能性を防いでいます。

また、顧客の台帳(取引データ)はビットコインを利用している各コンピューターに暗号化されて分散して保存されます。仮にコンピューターが侵入され、取引データが改ざんされたとしても、分散している取引データとの整合性が取れなければ承認されないため、改ざんは実質不可能とされています。

ビットコインでFXを行う時には、現物を取引するのではなく、差額のみで取引を行います。そのため、ビットコインの価格が下がっている時でも利益が出せるというメリットがあります。