これから通信制高校を選ぼうと思ってる人に


通信制高校とは、どんなとこ?

通信制高校とは、小学校や中学校と違い毎日登校することのない学校です。週に一度(学校によって違う)スクーリング登校をし、あとは自宅で与えられたレポートを作成して、期日までに提出することで高校卒業資格がもらえます。その分、出席日数は、大事で欠席日数が多いと卒業できなくなります。遠足やその他の行事なども出席日数に数えられます。

通信制高校のメリット

学校に通うのが苦手だったり、仕事をしていて、全日制高校に通えないけど勉強はしたいとか、卒業資格を取りたい人にはいいカリキュラムでしょう。他人とのコミュニケーションが取りにくい場合にも最適です。自分の好きな時間帯に好きなだけ学習を進められる点もメリットのひとつですね。

最初は通信制でも、同じ高校の定時制に編入できる学校もありますので、無理なく自分の状態に合わせながら通学できます。

通信制高校のデメリット

学校での授業がほとんどないため、自力でレポートを作成しなければなりません。提出期限も決められているためそれまでに計画的に学習を進めていく必要があります。また、先生や同級生とも接点も少ないので、人間関係が薄くなりがちです。上部学校への進学も出来ますが、取得教科の数が少ないので、必要であれば、自分で学習する必要があります。学校によっては、特別補修を行ってくれる場合もあります。

高校を決めるときに考えること

高校には、全日制高校、定時制高校、通信制高校などがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。自分の将来を考えながら、いまの自分の状態あった学校を選ぶことが大切だと思います。

通信制高校を名古屋で選ぶと、面談のある日に便利でしょう。名古屋なら交通機関が発達しているため、アクセスに困らないためです。