声優の専門学校で学べることや養成所との違い


声優の専門学校で学べる事

声優になるには、専門学校に通うという選択肢があります。専門学校に通うことで、独学ではわからなかったことを学ぶことができます。

演劇・テレビドラマ・洋画の吹き替え・アニメ、すべて演じるということですが、演じ方はそれぞれ違います。声優のやる仕事である洋画の吹き替え・アニメではどのような演じ方をするのか、専門学校ではくわしく学ぶことができます。

必要な技術を一つ一つ学べる

声優になるために身に付けなければならない技術や知識は一つではありません。声優の専門学校では、必要な技術を細分化された授業によって学ぶことができます。

セリフを覚える・読み上げる基礎を身に着けるための授業、演技力を身に着けるための授業、ナレーションやボーカルといった分野ごとの授業などがあります。

専門学校は二年制が多いです。一年生では基礎的なことを学び、二年生ではそれを基にしてさらに深く掘り下げた内容を身に着けていくことになります。声優になるためのオーディションも学校が紹介してくれるところもあります。オーデションのための練習授業も行われます。

専門学校と養成所の違い

声優には養成所もありますが、養成所というのは、プロダクションが運営している場合が多く、進路としてはそのプロダクションのオーディションを受けるという形になります。

一方、専門学校はどこかのプロダクションに所属しているわけではないので、好きなプロダクションのオーディションを受けることができます。また、専門学校卒の資格をもらうこともできます。

アニメの人気が一般の人の間に広がる昨今、声優志望の人が増えています。そんな声優になるには、声優の専門学校に入るのが一番の近道です。