弁護士相談をする場合に知っておきたい二つのこと


初回は無料になっていることが多い

何らかのトラブルに巻き込まれた場合には、自力で解決することは難しいため弁護士に依頼することが多くなるでしょう。弁護士を利用する場合には、まず無料相談に行ってみるのがよいです。市町村で行っているものもありますが、法律事務所でも無料で行っているところも多くあります。おおむね、30分当たり無料となっていますので、その間に相談したい内容を話すことが重要になります。つまり、相談する前の段階で、一体何を聞きたいのか明確にしておきましょう。そうしなければ、あっという間に30分が過ぎてしまい、聞きたいことを聞けずに終わってしまう可能性があります。基本的に、2回目に相談するときは30分当たり5,000円になっていることが多いです。

契約をするときに必要な料金

法律事務所に行き契約するとなれば、一体どれぐらいのお金がかかるのかドキドキする人もいるかもしれません。普段からなじみがあれば別ですが、そうでなければどのぐらいお金がかかるかわからないと不安になってしまうものです。

そこで、おおむね相談するときに必要な費用を見ていくと、まず着手金と呼ばれるものが必要です。これは、結果が出てもでなくても支払わなければいけません。着手金がない場合もありますが、この場合には成功報酬を支払う時に着手金の分が上乗せされている可能性があります。着手金は、法律事務所や案件にもよりますが50,000円前後になると考えておきましょう。そのあと、出張費や交通費などの支払いと、成功報酬の支払いがあります。成功報酬は、弁護士を利用したことによって得ることができた利益のうち15パーセントから20パーセントぐらいになるのが相場です。

ミカタは、少額で加入できる弁護士保険です。日常生活で生じた法的トラブルにおいて、法律相談料と弁護士費用等を補償します。