社会労務士の試験の難しさと仕事内容とは?


こんなに難しい!社会労務士の試験合格率

社会労務士という仕事は、はじめて聞く方も多いのではないでしょうか?労働関連法令や社会保障関連の書類の申請や代行を行うのが、社会労務士の仕事です。その他にも企業の労務管理や社会保険の相談、指導などを行います。現在なら働き方改革などで、多くの需要がある職業です。社会労務士の資格は非常に取得が難しく、毎年の試験では10人中9人がふるい落とされます。試験で知識の難易度もさることながら、8科目もあるためにスタミナも重要になってきます。これほどまでの難関を突破して、社会労務士はどのような実務をしているのでしょうか?

社会労務士の実際の仕事の内容とは?

弁護士といえば大体の人は、何をしているかのイメージができます。しかし社会労務士と言われると、イメージがなかなか湧いてこないのではないでしょうか。社会労務士は業務独占資格であり、範囲内の仕事は無資格では行えません。企業から社会労務士が相談されたり、実際の解決に乗り出すものは労働トラブル・労働災害・雇用保険の申請や給付手続き・賃金や退職金や年金制度の構築など多岐にわたります。

弁護士が「トラブルになったあとに解決する仕事」だとすると、社会労務士は「トラブルになる前に予防する仕事」と言えます。社会労務士の世界でも弁護士と一緒で、書類の代行や申請だけでは食べていけない時代になりつつあるようです。雇用や労働などに関する専門家として、問題解決型の経営が求められているのです。超難関の試験を突破して社会労務士になってから、スタートラインと言えそうです。

労働保険・社会保険諸法令に基づいて行政機関に申請書などを代行して作れる社会保険労務士の就業規則は、完成度が高いです。