こんなのあったの!?事業資金の調達方法!


ビジネス成功のためには事業資金の調達が不可欠です!

経営者にとって事業資金の調達は頭の痛い問題だといえるでしょう。事業を行うためには様々な資金を準備することが必要になります。事業を新規に始める際には開業の準備資金が、事業の規模を拡大するには設備投資や人材採用のための資金が、通常業務を円滑に進めるには運転資金が必要です。これらの資金については銀行などの金融機関に借り入れを申し込むことが一般的なのですが、経営状態によっては審査に通らないことがあるため、別の調達方法を検討することが必要になるかもしれません。

公的融資制度の活用を検討しましょう!

国や地方自治体や商工会議所では地域経済の活性化を目的として、中小企業者を対象とした公的融資制度を準備しています。公的融資制度には様々な種類のものがありますが、いずれも銀行などの金融機関からの借り入れよりも低い利息で、さらに大きな金額を長期間借り入れることが可能になりますので、積極的な活用を検討してみてください。ただし一方で公的融資制度には、各種の書類や証明書の準備が必要で手続きに手間がかかることや、審査に時間がかかるため申し込み後すぐに融資を受けることは難しいといったデメリットがあります。

急ぎの場合にはファクタリングを活用しましょう!

すぐに資金を準備することが必要な場合には、ファクタリングを活用する方法がおすすめです。ファクタリングとは売掛金の現金化のことであり、売掛金の回収期限を待つことなく、まとまった資金を入手することができます。業者に債権を買い取ってもらう場合には売掛金の権利そのものが移動するため、貸し倒れのリスクが回避できることもファクタリングのメリットだといえるでしょう。ただし実際の手取り額は額面から手数料を差し引いた金額となるため、くれぐれも注意が必要です。

事業資金に困っている時には融資を受ける事によって問題が解決できます。銀行に問い合わせをする事で手続きが行えます。